FC2ブログ

自転車事故、交差点での発生が7割も!

 jiko.jpg
(画像は、ブログ自転車いじり日記より)
 
 自転車事故の7割は交差点で発生し、その主要因は自転車の歩道走行とみられることが、元建設官僚で住信基礎研究所の古倉宗治研究理事の分析で分かった。自転車を除く交差点での事故率は全体の4割強にとどまり、自転車の事故率は突出。大半は車との事故で、歩道を走る自転車が交差点に進入した際、車道走行時よりも車の死角に入りやすいためだという自転車の車道走行は危険視されがちだが、むしろ歩道走行の方が危険性が高い実態が浮かんだ

 古倉氏が警察庁所管の財団法人「交通事故総合分析センター」に自転車事故の発生場所の調査を依頼したところ、01年の全国の自転車事故17万5223件のうち71%に当たる12万4574件は交差点で発生。自転車を除いた交差点事故の割合は43%にとどまった。警察庁によると、09年でも自転車事故15万6373件のうち交差点での発生は11万3761件で、73%にのぼる。

 交差点を曲がる車のドライバーにとって歩道を走る自転車はガードレールや電柱、街路樹などで死角に入ることが多く、脇道から出てくる車にとっても角の塀や建物で見えにくいため、事故に遭う確率が高いと分析。
 これに対し、車道を走る自転車は、右左折するドライバーに見えやすく、脇道から出てくる車にとっても、歩道と比べて角の塀や建物からやや離れていることから死角が少ないとみている。
(参考・転載:毎日新聞・2011.1.6)

 自転車事故では、携帯電話を使用しながらの運転など自転車マナーの悪い人や高齢者の方々の運転など事故原因が問題視されているが、この記事の様に、自動車と自転車の事故では、交差点での歩道走行が死角となり事故が圧倒的に多いという調査結果がでた。

 交差点での交通事故は基本的に多いわけだが、自転車との事故では「相手が見えなかった」「見落とした」というドライバーが8割の人が経験していると言われ、自動車運転をしている多くの人が経験しているのではないでしょうか。
 自転車の走行ルールとして、道路交通法では、原則として車道の左側端を走らなければならないとなっており、多くの方がこのルールを知らないのではないだろうか。
 車道の方が、事故を起こしやすいと単純に思っていることが原因ではないだろうか。

 これらのことを考えると、道路交通法の基本ルールの徹底指導が、自転車事故を減らす最大の政策といえる。
関連記事

Comment

[45] 自転車に優しい行政を期待します

ごもっともです。自転車にやさしい道路づくりはこれから極めて大切だと認識しています。一方、現在の道路や歩道の広さを考えると自転車専用道路の設置は難しいことも事実です。環境にやさしくと政府が言うなら道路交通法の改正や自転車優先の道路の仕組みを新たに作るべきです。単に道路拡幅という発想ではなく、現行の道路や歩道の中で思いっ切って自転車一方通行や歩行者と自転車の左右歩道へ片寄せなどを考えることも必要と考えます。新設の道路では自転車道の義務化も必要です。いずれにせよ、現行の道路・歩道の実態を踏まえて、制度設計の見直しを国は考えるべきで、地方自治体でもこれらを意識した政策を独自に考えたいと思っています。

[43] 自転車に優しい行政を期待します

はじめまして。

長期的に見た場合、行政が歩道走行を指導してきた結果ということはないでしょうか?
車道走行をしていると、歩道を走行するように長期的に指導された結果、
「自転車は歩道を走ったほうが安全である」
が浸透したように考えますが・・。

昭和40年代に小学校で自転車は原則車道を走るを教え、授業中に実技指導された記憶があります。
地域差はあるのかもしれませんが・・。

わざわざパトカーや白バイが車道を走行する自転車を止めて「危ないので歩道を走ってください」と
指導してきた結果かと。
反論すれば、職務質問に始まり、持ち物検査、身体検査と長時間拘束されることもありましたが・・。

最近の報道を見ていますと、当局が車道走行を指導しているにもかかわらず、
「自転車は歩道を走るもの」と“誤解している”
「自転車は車道を走るもの」ということが“知られていない”
という表現が多いのですが、実態は別かと思います。
当局の長年の努力によるものかと。
(指導する側の公用自転車が車道を走っていないのが現実です)

行政も事故多発のために緊急回避的に、交通量の多いところ、事故の多いところを例外的に歩道走行可にしたはずが、
緊急回避的に40年間もの長期に渡り、同じような道路を作り続けました。“緊急回避的に”です。

もっと環境に考慮した、エネルギー負荷の低い地域づくりのためにも、ついでに言うなら、市民の健康づくりのためにも
自転車に優しい道路作りを先生にはお願いしたいものです。

30年以上、車道左側走行をしていた経験から。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

Trackback

http://inagawah.blog115.fc2.com/tb.php/728-f6d19574

«  | HOME |  »

 プロフィール

■稲川 晴彦

Author:■稲川 晴彦
◆いながわ(稲川)晴彦
◆さいたま市議会議員(2期)
◆市民生活委員会 委員長
◆議会改革委員会 副委員長
◆決算・行政評価委員会理事
◆会派:自民党さいたま市議団
◆さいたま市/西区宝来在住
◇関西学院大学/法学部卒業
◇体育会フィールドホッケー部主将
◇富士通入社/福岡/高松/本社
◇一貫してソリューション営業担当
◇営業部長・主席部長歴任
◇妻/長男(大学院生)/3人家族
◇趣味:狂言鑑賞/ゴルフ
(2012.1.1現在)


 「理」(ことわり)の意味

「理」(ことわり)とは、①物事の筋道、②整えること・おさめること・とりさばくこと、③普遍的な絶対・平等の真理 という意味です。(広辞苑より)

 最新の記事タイトル


 皆様からの最新コメント


 最新のトラックバック


 投稿者への皆様へ

・他人を誹謗中傷するコメントはFC2にて自動的に削除され、直接連絡される場合があります。

 天気予報


-天気予報コム- -FC2-

 皆様のアクセスカウンタ


 ◆ユニークな政策提案募集

・皆様から政令市の政策アイデアを募集します。 私稲川とアイデアを共有できる方お待ちしています。 (政策提案は下記メール欄にて)

 カテゴリ別政策

【私の視点】①市民 (36)
【私の視点】②議会 (58)
【私の視点】③市政 (118)
【議会・委員会発言】 (33)
【まちづくりの種】 (79)
【さいたま市の情報】 (79)
【埼玉県の情報】 (43)
【県政・国政に一言】 (178)
【事例・記事の紹介】 (153)
【まちかどの声】 (63)
【みちくさ・散歩】 (14)

 全記事のタイトル一覧表示

全ての記事を表示する


 月別アーカイブ一覧

2012年 05月 【12件】
2012年 04月 【17件】
2012年 03月 【17件】
2012年 02月 【28件】
2012年 01月 【30件】
2011年 12月 【1件】
2011年 03月 【1件】
2011年 02月 【9件】
2011年 01月 【28件】
2010年 12月 【31件】
2010年 11月 【30件】
2010年 10月 【31件】
2010年 09月 【30件】
2010年 08月 【31件】
2010年 07月 【31件】
2010年 06月 【30件】
2010年 05月 【31件】
2010年 04月 【30件】
2010年 03月 【31件】
2010年 02月 【28件】
2010年 01月 【31件】
2009年 12月 【31件】
2009年 11月 【30件】
2009年 10月 【31件】
2009年 09月 【30件】
2009年 08月 【31件】
2009年 07月 【31件】
2009年 06月 【30件】
2009年 05月 【21件】
2009年 04月 【30件】
2009年 03月 【31件】
2009年 02月 【28件】
2009年 01月 【22件】


 サイト内検索


 リンク


 ブログ村・ブログ百選


 拍手について(お願い)

・掲載記事の下段に、拍手ボタンがあります。記事に納得または賛同頂けたら、クリックをお願いします。(尚、FC2はクリックした個人情報を取得しておりません)

 ◆ご意見・ご要望メール

名前:
メール:
件名:
本文:


 ◆区民の生声 受付窓口

・身近な県/市政のムダやおかしなルールの見直しなどについてのご意見・ご提案を広く募集します。(ご連絡は上記メール欄にて)

 ◆政策立案PT 議員募集

・政策立案を共同で研究する政令市の議員を募集します。(ご連絡は上記メール欄にて)

 ◆学生ボランティア募集

・政策調査・政策立案のインターンを募集しています。(ご連絡は上記メール欄にて)

 ◆ご紹介のお願い

・さいたま市西区にお住まいの方のご紹介をお願いしています。(ご連絡は上記メール欄に①住所、②氏名、③電話番号/e-MAIL等の記入をお願い致します)

 QRコード(携帯)

QRコード

 FC2ランキング

FC2 Blog Ranking