スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「心を育む」ための5つの提案

syobun_syobu.jpg
[画像は、埼玉県立浦和高校の校訓(「尚文昌武」)

 文部科学省では、新しい日本の教育 今こそ実行のとき!「心を育む」ための5つの提案を下記のとおり、取りまとめられています。
<文部科学省/「心を育む」ための5つの提案前文> 
 携帯電話に代表される情報化の急速な進展等に伴い、人と人の絆の弱体化や、家庭や地域の教育力の低下など、日本に昔からあった良さが次第に失われつつあると感じています。
 いま、社会生活を営んでいくための基本的倫理観や自制心・自立心を育てるなど、「心を育む」取組を重視していく必要があると考えます。


<「心を育む」ための5つの提案>
1.「読み書きそろばん・外遊び」を推進する。
~「早寝早起き朝ごはん」と共に、生きる基礎を養う活動を積極的に行おう!~
2. 校訓を見つめ直し、実践する。
~先生と子どもが一緒になって、各学校にある校訓を具体化する取組を継続的に実践し、地域でこれを応援しよう!~
3. 先人の生き方や本物の文化・芸術から学ぶ。
~心に残り、人生の模範となる先人の話題を、道徳の教材に取り入れよう!本物の文化・芸術に触れ、また、人生の先輩や様々な職業の話を聞こう!~
4. 家庭で、生活の基本的ルールをつくる。
~家庭は全ての教育の出発点。携帯電話の使い方など、家庭で基本的なルールづくりを行おう!~
私が提案する親と子の約束①挨拶しよう。②みんなと話そう。③手伝いをしよう。
①いじめるな。②嘘をつくな。③人に迷惑をかけるな。
5. 地域の力で、教育を支える。
~学校支援地域本部の活動などを通じて、地域ぐるみで子どもを育てる環境をつくろう!~
(参考・転載:文部科学省HP・新しい日本の教育 今こそ実行のとき!「心を育む」ための5つの提案)

 今回は、3点指摘をしたいと思います。
 第1点は、「情報化の急速な進展等は、人と人の絆を弱体化させない」という点です。
情報化の進展=人と人との絆の弱体 ということはなく、逆に情報化の進展が絆を深めていくこともあるわけです。情報システムの活用で絆を深める仕組みを考え作ることが大切で、あくまで人が中心で情報システムが補完することで絆が深まっていくわけです。

 第2点は、「校訓を見つめ直し実践する」ことが学校教育では極めて大切であるという点です。
例えば、埼玉県県立浦和高校の校訓「尚文昌武(しょうぶんしょうぶ)」(文を尚(とうと)び、武を昌(さかん)にするという意味)、さいたま市立浦和高校では、文武両道、自由闊達、自主自立の校風を追求しています。
 伝統ある校訓・校風を次世代につないでいく大切さを改めて考えることの素晴らしさを再認識したいと思います。

 第3点は心に残り人生の模範となる先人の話や本物の文化・芸術に触れ、また人生の先輩や様々な職業の人の話を聞くことを、もっと積極的に仕掛けを作ってほしいということです。どものころ印象に残ったことは、人生を左右するぐらい大切なことであります。多くの好印象が頭にやき付けられる「場」いかに多く作るかが大切と思っています。
関連記事

Comment

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

Trackback

http://inagawah.blog115.fc2.com/tb.php/528-5ecfdc1c

«  | HOME |  »

 プロフィール

■稲川 晴彦

Author:■稲川 晴彦
◆いながわ(稲川)晴彦
◆さいたま市議会議員(2期)
◆市民生活委員会 委員長
◆議会改革委員会 副委員長
◆決算・行政評価委員会理事
◆会派:自民党さいたま市議団
◆さいたま市/西区宝来在住
◇関西学院大学/法学部卒業
◇体育会フィールドホッケー部主将
◇富士通入社/福岡/高松/本社
◇一貫してソリューション営業担当
◇営業部長・主席部長歴任
◇妻/長男(大学院生)/3人家族
◇趣味:狂言鑑賞/ゴルフ
(2012.1.1現在)


 「理」(ことわり)の意味

「理」(ことわり)とは、①物事の筋道、②整えること・おさめること・とりさばくこと、③普遍的な絶対・平等の真理 という意味です。(広辞苑より)

 最新の記事タイトル


 皆様からの最新コメント


 最新のトラックバック


 投稿者への皆様へ

・他人を誹謗中傷するコメントはFC2にて自動的に削除され、直接連絡される場合があります。

 天気予報


-天気予報コム- -FC2-

 皆様のアクセスカウンタ


 ◆ユニークな政策提案募集

・皆様から政令市の政策アイデアを募集します。 私稲川とアイデアを共有できる方お待ちしています。 (政策提案は下記メール欄にて)

 カテゴリ別政策

【私の視点】①市民 (36)
【私の視点】②議会 (58)
【私の視点】③市政 (118)
【議会・委員会発言】 (33)
【まちづくりの種】 (79)
【さいたま市の情報】 (79)
【埼玉県の情報】 (43)
【県政・国政に一言】 (178)
【事例・記事の紹介】 (153)
【まちかどの声】 (63)
【みちくさ・散歩】 (14)

 全記事のタイトル一覧表示

全ての記事を表示する


 月別アーカイブ一覧

2012年 05月 【12件】
2012年 04月 【17件】
2012年 03月 【17件】
2012年 02月 【28件】
2012年 01月 【30件】
2011年 12月 【1件】
2011年 03月 【1件】
2011年 02月 【9件】
2011年 01月 【28件】
2010年 12月 【31件】
2010年 11月 【30件】
2010年 10月 【31件】
2010年 09月 【30件】
2010年 08月 【31件】
2010年 07月 【31件】
2010年 06月 【30件】
2010年 05月 【31件】
2010年 04月 【30件】
2010年 03月 【31件】
2010年 02月 【28件】
2010年 01月 【31件】
2009年 12月 【31件】
2009年 11月 【30件】
2009年 10月 【31件】
2009年 09月 【30件】
2009年 08月 【31件】
2009年 07月 【31件】
2009年 06月 【30件】
2009年 05月 【21件】
2009年 04月 【30件】
2009年 03月 【31件】
2009年 02月 【28件】
2009年 01月 【22件】


 サイト内検索


 リンク


 ブログ村・ブログ百選


 拍手について(お願い)

・掲載記事の下段に、拍手ボタンがあります。記事に納得または賛同頂けたら、クリックをお願いします。(尚、FC2はクリックした個人情報を取得しておりません)

 ◆ご意見・ご要望メール

名前:
メール:
件名:
本文:


 ◆区民の生声 受付窓口

・身近な県/市政のムダやおかしなルールの見直しなどについてのご意見・ご提案を広く募集します。(ご連絡は上記メール欄にて)

 ◆政策立案PT 議員募集

・政策立案を共同で研究する政令市の議員を募集します。(ご連絡は上記メール欄にて)

 ◆学生ボランティア募集

・政策調査・政策立案のインターンを募集しています。(ご連絡は上記メール欄にて)

 ◆ご紹介のお願い

・さいたま市西区にお住まいの方のご紹介をお願いしています。(ご連絡は上記メール欄に①住所、②氏名、③電話番号/e-MAIL等の記入をお願い致します)

 QRコード(携帯)

QRコード

 FC2ランキング

FC2 Blog Ranking


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。