スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「日本はなぜ日露戦争に勝てたのか」という本を読んで

 nitiro.jpg

「日本はなぜ日露戦争に勝てたのか」(著者:瀧澤 中/中経文庫)という本は面白い。この本は、日本が軍事力も国家予算も10倍のロシアとなぜ戦い、なぜ勝利出来たのか。この勝利には明確な戦略があったことにあらためて驚く。

1.味方を作る
 当時イギリスはロシアのアジア進出を阻止したかったこともあるが、日本がイギリスへの信頼を得るための努力や毅然とした国際交渉をすすめてきたことで、日英同盟が結ばれ、また米からも日本に情報を与えてもらったという味方を作ってきたという事実。
2.技術力を高める
 輸入できないリスクを考え兵器の国産化を進め、破壊力のある下瀬火薬の発明や木村駿吉による無線電信の開発など積極的に国内技術力を高めたこと。
3.情報収集と情報活用
 ・スパイの明石大佐をロシアに送り、資金をふんだんに与え情報収集に努め、徹底して敵の軍事力を調査して、その情報を活かしてきたこと。
4.殖産興業(資金調達)
 殖産興業政策を推進、国家予算2.5億の日本が日露戦争で20億円を集め勝利したこと。

 情報入手で優位に立ったことで日露戦争に勝ったことに対し、第二次世界大戦では精神主義に陥り情報も事実関係の把握も軽視したため敗北したとしている。
日露戦争時の役人の素晴らしさをあらためて感心させられた。
スポンサーサイト

「草食系男子」から「カフェオレ様男子」へ

  sousyoku.jpg
(絵はイラストレーターのモリシタアイミさんブログより)

 消費意欲や行動力が低下していると叫ばれ「草食系男子」と言われている若年男性は、「ファッション」「美容」分野における消費がは伸長傾向にあるとの電通総研からの調査結果が発表されました。
 その結果、「カフェオレ様」症候群と言うような新語造語が出てきました。

 “カフェオレ様”とは、女性的な趣味や外見へのこだわりを持つ半面、女性への接し方や自己向上意欲において「オレ様」的な男らしさを持つという、“女性的な行動”と“男性的な性格”がカフェオレのようにブレンドされた新しい男性像を指すそうです。

<カフェオレ様の7大特徴> (出典:電通総研)
1.同性に対して「女性的」な接し方。2人に1人は「男同士で恋愛トークをする」
2.美容アイテムも日常的に利用。「ヘアワックス」「化粧水」の利用率は7割
3.特定の「お気に入りブランドあり」は7割。10人に4人が「下着」にもこだわる
4.女性に対しては“オレ様”キャラで接する傾向。「積極的にアプローチする」は6割
5.高い向上心とサバイバル意識。10人に7人が「忙しくても出世したい」
6.同性異性に関わらず影響力が強い。7割が「薦めた商品を友人が使った」経験がある
7.消費にも意欲的。1カ月で自由に使える金額は 平均50,938円

さて、私の予想及びマーケティングに活かせる発想をいくつか紹介。
・今「女子会」が盛んですが、今後は「男子会」がはやるのではないか。
・男性美容グッズが流行ってきているが、もっと女性化粧品そのものが男性用に転用されるかも。
・靴下や下着は単なるブランド品だけでなく、高級こだわり商品が売れていくのでは。
・草食系と肉食系バランスの良い男性が、これからは女性にもてる要素。これを意識する人が増える。
・上昇志向ありで、デートと仕事では、仕事最優先という考え方に大きく変わっていく。
・スマートフォンやtwitter/facebookからの情報発信が、マーケットに意味を持ってくる。
・自分が気に入ったものは、手に入れたいという消費行動が深まる。

 今、消費の大半は高齢者であるとされており、シニア消費は約45%とされているが、特定分野では、若者が盛り返す傾向が出てきているということだ。
(2012.1.23ブログ記事:「シニア消費が100兆円を超える!)

 経済再生、景気回復、雇用創出の原点は、市場(マーケット)にある。事件は現場でおきているということを認識することが大切である。

フェイスブックで臓器提供(ドナー)の情報共有が可能に! 

 FB.png

 インターネットの交流サイト「フェイスブック」は、フェイスブック上に臓器提供の情報共有ができる機能を設けると発表、米国と英国で利用可能となっている。
 会員は自己紹介ページの「健康」の項目で臓器提供者(ドナー)になる決心を表明し、居住地や決心に至った経緯を書き込むことができる。
 米政府のサイトによると、米国内で臓器移植を必要としている患者は11万4000人余り。1日に平均79人が移植手術を受ける一方で、18人が移植を受けられずに亡くなっている。英国では1万人以上が移植を待っているとされる。
(出典:CNN JAPAN/20102.5.2)

 全米で1億人以上の人がドナー登録されているが、この機能は「どうしようかと迷っている人も決心がつくかもしれない」といわれている。400万人が新たにドナー登録すれば、年間数千人の命が救えるといわれている。現在、フェイスブックユーザは、全世界で8億人とも言われている。正式なドナー登録にはオンラインや運転免許更新時の手続きが必要となる様だが、「ドナーになる決心をフェイスブックを通じて共有することは、友人や家族に登録を促す機会になる」と期待されている。

「さくらジャパン」と「サムライジャパン」のオリンピックアベック出場を!

 sakura.jpg

 「なでしこジャパン」は、皆さん良くご存じの女子サッカー日本代表です。
「さくらジャパン」は、女子ホッケー日本代表のチーム名で、こちらはあまり知られていないと思います。
しかし女子ホッケーチームは、実は2大会連続出場しており、既に高校・大学チームでの女子選手も増えている様であります。

 岐阜県各務原市で、4月25日から5月7日まで、第30回ロンドン五輪男女ホッケー予選大会が開幕される。すでに4月21日から公式練習が始まっているが、日本代表は男女とも「チームのコンディションはいい」との評判で、今回悲願のアベック出場を狙っている。
 
 この日本女子代表を精神的に支えるのは、天理大出身の41歳のベテランDFの加藤明美選手です。加藤さんは、アテネ五輪、北京五輪を経験している元主将で3大会連続の五輪出場をを目指しています。
 加藤さんは、2010年に一度は代表から離れたが昨年末に復帰。守備陣は若手が多く加藤の経験が買われた様です。19歳で初めて代表入りしてから23年目。同年代のアスリートは少ないが、テニスのクルム伊達公子は同じ1970年生まれだそうだ。
 「伊達さんの姿を見て、まだまだ頑張ろうとか、負けたくないなとは思います」ともコメントされ、また「なでしこジャパン」のMF沢穂希とは以前から親交があるとのことです。

 「なでしこジャパン」に次ぐ「さくらジャパン」そして男子チームの「サムライジャパン」とのアベック出場を目指して頑張って欲しい。是非期待したいところである。
女子日本代表・さくらジャパン

「マタニティマーク」 付けた方が良いのか、 付けない方が良いのか?

 mark.jpg
 
ご承知の方も多いと思いますが、「マタニティマーク」は、おなかに赤ちゃんのいる妊産婦が、カバンなどに付けるキーホルダーやステッカーのことです。母子手帳とともに配布されているので、妊産婦ならば誰もが知っていると思います。駅などでも配布されているとも聞いています。

 さてこの「マタニティマーク」、付けた方がいいのか、また付けても関係なく意味がなかった、そもそも付けなかったという女性がいるなど様々な意見があるそうです。
 ネットでも賛否両論、これらを意見を見ると、いろいろな人がいるのだなとつくづく思います。
 1)マタニティマークは付けるべき派(妊産婦)
  ・おなかの目立たない妊娠初期が一番危険な時期、赤ちゃんを守れるのは自分自身。
  ・万が一のことがあったとき、適切な対処をしてもらえる。
 2)マタニティマークは付けない派(妊産婦)
  ・嫌な顔されたことがあったり、逆恨みされるのではということが怖い。
  ・妊娠してますと言うアピールや、席を譲ってくださいと言うアピールをしていると思われるのが嫌だから。
  ・付けていても電車など席を譲ってくれることはほとんどないので、意味はないと判断している。
 3)マタニティマークは付けていたほうがいい派
  ・もし女性が倒れたとき、マークがあれば妊産婦と分かり、適切な対処をしてもらえる。
  ・太った女性を妊産婦と間違えて席を譲り、気まずくなったことがあるから、マークがあったほうが分かりやすくて良い。
 4)マタニティマークにムカツク派
  ・席を譲ってと言うオーラが漂っていて不愉快。
  ・「妊婦で具合が悪いので席を譲ってください」と口で言えばいいのでは。
  ・これ見よがしにマークを見せつけてきて「席を譲れ」と言われたことがあり不愉快だった。
  ・妊娠したくでもできない人がいるというのに、逆に配慮が足りないのでは。
  ・席を譲ってあげたが、「ありがとう」と言われなかった経験があるので嫌だった。

 ちなみに、この「マタニティマーク」は、出産後は処分することになっているのだそうです。
ところが、人に譲渡してしまったり、妊産婦ではない女性が駅などで入手したり、オークションに出品されていたりするそうです。妊産婦ではない人が「なりすまし妊婦」となり、悪用しているという人もでてきており、本当の妊産婦の人がとばっちりを受けていると例もあるそうです。
 さて、皆様は、特に男性諸君はどう思われるでしょうか。

信頼される安心を、社会へ ~セコムの歴史が警備を変えた~

 securty.jpg

 セコム㈱(旧・日本警備保障㈱)が、この7月7日に創立50周年を迎えるそうだ。
セコムと言えば、野球選手のコマーシャルを思い出す人も多いと思うが、私は「セコム」の歴史が、警備のあり方を大きく変えたのではないかと思っている。
 テレビドラマの「ザ・ガードマン」が高視聴率を誇った時代、東京オリンピックの選手村の警備にはじまり、オンラインシステムを確立していった歴史。
 企業向けのオンライン安全システムを日本で初めて開発、そして銀行ATM(当時はCD)の無人安全システムを開発され、オンライン機械警備を確立し、社名を「セコム」としている。
 家庭用の安全システム、防災機能強化、マンションセキュリティシステム、在宅医療や遠隔画像診断、位置情報システム「ココセコム」など、次々に私たちの安心を支えてきた。
 最近では、安心をベースに損害保険や総合的な生活支援など、安心・安全をキーにしたビジネスを展開され、PFI刑務所までも、山口県美祢市、栃木県さくら市、太田原市などで刑務所施設の管理・運営をされています。

 私は、「安心・安全」を完全システム化しオンラインシステムで警備をサポートするところの「セキュリティ」から「防災」「医療」というコンセプトを確立し、人手の警備を総合サービス化までに確立したことに着目しています。
 今後は、人の警備や交通の警備などを、地図情報やGPS連携など人的警備とシステムによる予防警備と連携したものへの挑戦もしてほしい。新たなステージに入る「セコム」の社会貢献に大いに期待したい。

朝の連ドラ「カーネーション」の素晴らしさ

 sp10.jpg
(画像は、NHKネットクラブより引用) 

 朝の連続テレビドラマ「カーネーション」がいよいよ最終週を迎え残りわずかで終りとなる。
岸田田のだんじり祭りや、コシノ3姉妹の成長ぶり、小原糸子さんの時代時代に対応した前向きな考え方、人へのいたわりややさしさ、女性ファッションへのこだわり、岸和田弁などテンポの速い展開でしたが、久しぶりのヒット人気番組となっている様です。

 なんといっても、ヤンチャな糸子さんの自由奔放なところと女性ファッションにあくまでこだわる糸子さんとその周辺の人たち、あの時代にあれほど洋服にこだわった人はおそらくいなかったのではないだろうか。
 女性ファッションの時代時代に合った流行の動きも見どころでした。またファッションにこだわり着るものにこだわって着飾る女性のすがたもよかったです。

 糸子さんのいつの時代にも前向きな発想は、元気をもらうことができます。また他人への心遣いも毎回こころを打たれます。
 これまでも素晴らしい朝の連続ドラマがいくつもありましたが、今回のドラマも筆頭格と言ってよいでしょう。

初音ミクの魅力は本物!

 MIKU.png
仮想アイドル歌手の「初音ミク」の魅力が、世界に広がっていると言う。また札幌市では新しい観光資源としての活用も広がっている。
 初音ミクとは、音声合成ソフトが「初音ミク」というキャラクターを思うままに歌わせることができ、パソコンに歌詞と音程を入力するだけで自由に作曲できるキャラクター付き音声合成ソフトだ。これらの手軽さとミクの愛らしい容姿が人気となっている。
 この音楽ソフトが7万本も販売され、ユーザが作曲した曲は10万曲にも達しているらしい。また、facebookの英語サイトのお気に入り登録は41万人、中国版ツイッターも7万人がフォローするなどグローバルな人気となっている。

 さて、この初音ミクは、身長158cm,体重42kg,16歳の女の子だそうです。初音ミクというバーチャル・シンガーは、声優「藤田 咲」さんが演じるポップでキュートなキャラクター・ボイスを元に作り上げられた、ボーカル・アンドロイド=VOCALOID(ボーカロイドというらしい)です。

「初音ミク」の歌声は、80年代から最新まで多彩なアイドル・ポップスを中心に、さまざまなポップ・ソング~バラード・ソングを歌い上げ、またキュートな声によるアニメソングなども得意としてるとのこと。彼女の声質はとてもチャーミングな音質で、伸びやかに天まで昇るような高音域、清楚で可憐な中高音域がとても魅力的とされている。
 まるで本物の可愛らしいアイドル歌手を、パソコン上ではあるが、自宅で作曲家になった気分でプロデューサーとして演出しているかのような感覚が味わえるらしい。

 リアルな音は、長年にわたってヤマハ㈱で研究開発されてきた“Frequency-domain Singing Articulation Splicing and Shaping”(周波数ドメイン歌唱アーティキュレーション接続法)技術がベースとなり、高音質で録音された人間の声を、この技術で合成することにより、実際の人間と変わらないような流が暢な歌を歌い上げるという新しい発想の技術です。
 まだまだ我が国の特異な技術がビジネスになるチャンスはまだまだあるのだとつくづく思う。

悪意のある「うそ」とエイプリル・フール

 aprl.jpg

 エイプリル・フールというのは、日本でもうはやらなくなったのだろうか。ひと昔、いやふた昔ほど前までは、職場で、家庭で、居酒屋で、みなたわいないウソを楽しんでいたように思う。
 欧米の新聞など、4月1日の朝刊1面は大っぴらにウソを書いてユーモアのセンスを競う。いつぞや、「ロシア科学アカデミーがマンモスのDNAを復元して5頭の赤ちゃんマンモスを作った。世界の動物園に入札を呼びかける」という米地方紙の“特ダネ記事”はできがよかった。
 この記事を見て、ロンドン動物園に応札するかどうか取材したイギリス大手紙の記者がいた、というオチの記事が翌日のロシア紙に載ったのは笑った。
 悪意のないうそをアメリカ人は white lie(白いウソ)と言って許容する。夫婦も恋人も white lie のみでつながっている、という説もある。
 日本には「真っ赤なウソ」という言葉があるが、red lie と言っても欧米人には通じない。人間関係に「白」はいいけど「赤」はよくない、ということか。
 そんな話をアメリカ人としていると、「ぼくは白より赤のほうがいいね」と切り返された。ワインの話とわかるまで時間がかかった。ユーモアのセンス、磨かなきゃ。4月1日が近づくたびに思いを深める。
(出典:関学広報ブログ・白いウソ/2012.3.8)

 面白い記事である。ユーモアがわかるエイプリルフールであってほしいと思う。
最近、白いウソではなく、悪意のある黒いウソが多いのではないだろうか。悪評高いマニフェスト「普天間基地問題の最低でも県外」「消費税増税」「八ッ場ダム建設中止」「事業仕分けによる財源確保」「子ども手当」などなど本当に悲しい話である。
 今年は、黒いウソではなく、ユーモアのあるエイプリルフールを楽しみにしたいと思う。

自治体による「婚活」支援

 konkatsu.jpg
(画像は、恋工房PARTY神戸)

 自治体の「婚活」支援が本格化している。さいたま市も、商工会議所と連携して「婚活」支援をする予定である。
以前、これらに関する記事を提供したものを列記すると、
⇒「ワーク・マリッジ・バランス」というライフスタイル(2010.10.1)
⇒ 危機感のない「人口減少問題」意識にイエローカード!(2010.7.5)
⇒ 市役所に「婚活応援課」が新設される!(2010.4.18)
⇒「婚活」の支援を行政がサポート(2009.7.6)
があり、行政の婚活支援の必要性を訴えてきた。

 従来、近所のお世話おばさんが、男女の仲立ちをしていた時代は、社会福祉協議会のメンバーが支援をして来た訳だが、これはあくまで、お世話ばあさんと言われる人が紹介していたにすぎない。
 今の若い人は、もうこの様なスタイルを望まない。従って、社会福祉協議会の人が出来なくなってきた理由がここにある。
 行政の人の感覚では、民業圧迫だとか、婚活まで行政がするのかという意識の様ですが、この感覚では、もう子育て世代の支援だとか少子化防止ということは語れないと思っている。

 一般的には結婚があって子どもが生まれていく。「結婚したいけれど、異性との出会いがない」という人たちに対して手を打ってこなかったと思う。勿論、結婚しない人の中には経済的理由などでしない人もいるが、出会いがないと言う人も増えているのも事実である。

 内閣府の「結婚・家族形成に関する調査」では、婚活支援を行う自治体は、都道府県で約66%、市町村で約32%になっている現実を考えれば、もはや「行政が婚活まで支援するの?」と言う感覚は、おかしいと言うことになる。

「長寿銭」で長寿のおすそ分けが地域に広がっていくという心温まる話

 102.jpg

 お葬式の香典返しに長寿のお祝いとして「長寿銭」をいただくことがあります。長寿をまっとうしたお祝いとして頂く極めて縁起の良いものです。
 長寿銭とは、故人が高齢の場合、「故人にあやかって長寿でありますように、長寿にご縁がありますように」という気持ちで、葬儀の際、祝儀袋に小銭を入れて会葬者に配る慣習のことを言うそうです。
 長寿のおすそ分けの意味がある長寿銭、葬儀に祝儀袋をお配りするということに、ある一種驚きがありますが、良く良く考えると長寿をまっとうした時に、皆さんに長寿をしてほしいという願いをこめて、その気持ちをおすそ分けするという素晴らしいおすそ分けです。

 「幸せのおすそ分け」とも言えるこの長寿銭、長生きをされて亡くなった方にあやかろうという考えも、地域によって色々な形があるようです。まず金額も5円、10円、100円玉、500円玉もあり、紅白のポチ袋や祝儀袋に入っていたりします。また紅白のお餅やお赤飯を配るというのもあるそうです。
 また、運動会の玉入れのカゴのようなものに硬貨を入れて振り回し、飛び散った硬貨を子供たちが拾うとか、お棺の周りに硬貨を撒いて、それを拾うとかというのもある様です。
 さて、この長寿銭、88歳なのか、90歳以上か、はたまた100歳を超える年齢かは、その地域やその家庭の考え方による様ですが、長寿化によって年齢が引き上げられているのだろうと思います。

 この「長寿銭」、長生きをしてほしい人にお守り代わりにプレゼントするなんてアイデアもあるそうで、長寿のおすそ分けが、地域に広がっていくことの素晴らしさに感動です。
 またひとつ幸せの輪が広がっていくような気がして、とても心温まる話です。

私が選んだ「サラリーマン川柳」

 ds.jpg

今年も、サラリーマン川柳の時が来た。私が面白いと感じた川柳を選んで見ました。順不同ですが、楽しんでください。

『総選挙』 もちろん行ったよ! 武道館    サラリーマンONE
スマートフォン 妻と同じで 操れず      妻ーとフォン
定年後 田舎に帰れば 青年部         フミヤ フレンドリー クラブ
父に聞き その後必ず 母に聞く        癖になりそう
便座さえ オレに冷たい 会社内        節電係長
妻が言う 「承知しました」 聞いてみたい   大魔神
総選挙 うちの会社も やってくれ!!      無糖派
風物詩 年に一度の 首相決め         一応社員
つい言った 無口な僕も ツイッター      ネットオタク
士気がない 当たり前でしょ 指揮がない    ソフトモヒカン
AKBに 負けるなパパも 48        蚊注射
リビングは 妻がセンター 総占拠       渡り老化走りたくない
今やります どれだけ待ったら 今になる?   伸び太
胃カメラじゃ 決して見えない 腹黒さ     レントゲン
スマホより トクホが先と 妻が言う      メタボパパ
想定外 言い訳する時 よく使う        読み人知られたがらず
ラブでなく イヤミ注入 うちの妻       無知キング
忙しい それでも集まる 喫煙所        魚群探知機
酒やめた 健康診断 終るまで         マスオさん
図書館で FaceBookを さがす父    IT難民
鍋奉行 仕事に活かせ その仕切り       すぎどん
EXCELを エグザイルと 読む部長     怪傑もぐり33世
(第一生命・サラリーマン川柳「100句」より)

マスクの会員マーク表示とマスクの性能

 mask.jpg

 全国マスク工業会は、マスクの性能や効果について消費者に誤解を与えないよう、一定基準を満たした加盟社の商品に、同工業会の会員マークの表示を3月1日から認めると発表された。
 マスクの品質は、商品によって一定ではないと思うが、花粉症の予防やインフルエンザウイルスカットに完全に対応している訳でもないし、保証している訳でもない。
 あくまで予防としてのマスクである。これは、過当競争や過剰表示の結果である。このことから「会員マーク」をつくり、一定の基準を決めたそうだ。

 さて、このマスク業界、昔と比べて様々な工夫がなされ、顔にフィットして予防効果の高い商品も様々商品化されていて面白い。
 不織布マスク、ガーゼマスク、医療用マスク、産業用マスクと大きく分けられるが、マスクの形状が昔と大きく変わってきている。
 またマスクにある表記に、BFE(Bacterial Filtration Efficiency=細菌ろ過効率)というのかあり、これは細菌を捕集する効率試験のことをいうそうです。ブドウ状球菌(約3μm)をマスクに通し、数値が高い方が性能が高いものとなるとのことですが、医療用マスクでは、このBFEの値が95%以上の性能のものであることが求められるそうだ。
 またVFE(Virus Filtration Efficiency=ウイルスろ過効率)は、ウイルスなどの飛沫を捕集する効率試験のことをいい、数値が高いほどウイルスの遮断効率が高いということを表しているそうです。
 さらに、N95とは、米国労働安全衛生研究所が測定した呼吸器防護具の規格の一つだそうで、固形塩化ナトリウムエアゾルを試験粒子とする捕集効率試験で、試験粒子を95%以上捕集できるということを表しているそうです。
 このように様々なマスクが存在するわけですが、皆さんがよく使うマスクを一度確認してみではいかがでしょうか。

総括原価方式のマジック

 charge.gif

 「総括原価方式」とは、公共料金が決められる際に用いられる考え方の一つ。料金を、商品やサービスを提供するのに必要な原価をちょうど賄うだけの収入を得る水準に設定すること。つまり、事業運用にかかる費用と適正な事業報酬の和を適正な原価とし、設定するものである。
 この方式を用いると、メリットとして、料金を決定する際の根拠が明確である、事業者・消費者双方が過大な損失・負担を強いられることが無い、長期的な設備投資へのインセンティブが図られるなどのことが期待できる。しかし、その料金の性質ゆえに、料金設定までに膨大な時間とコストがかかること、コストを削減する誘因が働かないことなどの問題点も考えられる。
(出典:マネー辞典)
 
 さてこの「総括原価方式」、電力会社の電気料金算定で一定の利益を上乗せして電気料金を決めていることで、この言葉が一躍有名になった。
 この方式は、電力会社だけでなく、ガスや水道、鉄道などの公共料金にも使われている。一般の会社では、原価を決めるとき、原材料価格に販売価格や利益分を積み上げるが、総原価と料金収入をはじめから一致するような方式は取っていないので、この方式を使っている会社は、最初から必ず利益が確保できる。従って競争意識や利益追求の意識がなくなるという訳である。
 公共性の高い水道事業も同様であるが、コストを削減する一定のルールを決めて、その上で総括原価方式を考える方式を是非考えて欲しいと願う。

気象兵器は存在するのか?

 weapon.jpg

「環境改変技術の軍事的使用その他の敵対的使用の禁止に関する条約」(いわゆる気象兵器・地震兵器の禁止条約)が国連主導で締結され、1978年に発効されている。
 地震兵器については、ネット上ではもはやおなじみになっている陰謀論の最たるものだそうだが、地盤の柔らかい地区にプラズマ波を送れば人工的に地震を発生させることができるのというは、既にある研究所のチームによって解明されているのだそうだ。
 にわかに信じられない話であるが、 地震あるいは津波を人工的に起こすことは、技術的には十分可能だと言われており、国際政治軍事上においては常識化されているのだそうだ。

 また、高周波活性オーロラ調査プログラム(HAARP/ハープ)というアメリカ空海軍の調査研究プロジェクトでは、大出力の高周波を電離層に照射して活性化させ、電離層の挙動や無線通信等への影響を調査することが目的だそうだが、ロシアの軍事専門誌では、HAARPは超強力なビームを生成する究極の地球物理学兵器であるという趣旨の記事を掲載されていると言う。

 気象兵器は、人為的に気象を操作することにより敵対する国家や地域に損害を与えることを目的とした環境改変兵器のひとつであり、環境改変兵器禁止条約において、環境改変技術(Environmental Modification Techniques)と表現されて、「自然の作用を意図的に操作することにより地球(生物相、岩石圏、水圏及び気圏を含む)又は宇宙空間の構造、組成又は運動に変更を加える技術」と定義されているそうだ。

 この条約に日本は1982年6月4日に国会承認され批准されているが、人工降雨など環境改変技術の平和利用については、大いに期待するところであるが、これらの科学技術が、国際政治軍事上キーとなっていることは理解しておくべきことなのかもしれない。

シルバー世代と浦和競馬

 uraawacourse.jpg
(画像は、浦和競馬コース)

さいたま市では、65歳以上の高齢者の方に「シルバーカード」を発行しており、高齢者がこのカードを店頭で提示した際に、店舗・施設等が割引などのサービスを提供するシルバー元気応援ショップ制度を実施しています。
 埼玉県内唯一の競馬場である「浦和競馬場」は、戦後に制定された競馬法に基づき、地方自治体の主催として日本で最初に開催された歴史ある地方競馬の競馬場ですが、この競馬場でも特別観覧席にこの制度が適用されています。

 ご承知の通り競馬はイギリスが発祥地であり、イギリス国内ではサッカーに次ぐ人気スポーツであり、紳士のスポーツとも言われている。浦和競馬場も今後様々なサービスを提供していくことで、来場者数の拡大に努めて欲しい。
 さて、浦和競馬では、2月19日(日)から、競馬場内にウインズ浦和として、日本中央競馬会勝馬投票券の発売が開始される。おそらく多くの来場者が見込めるものと思われる。
 これを機会に、徹底した高齢者の遊び場として、高齢者にやさしい競馬場作りも今後は検討しなければならないかもしれない。

 観覧席をシルバー向けの高齢者にやさしい環境に変える、女性専用のコーナーを設ける、禁煙コーナーを設けるなどの工夫も徹底すべきである。そして、勝馬投票の購入も、もっと高齢者にやさしいものも今後は必要ではないか。
 シルバーカード持参の高齢者には、あまりお金をかけずに頭を使って遊べる環境を作ることも超高齢化社会に突入する今後に、競馬場自身が高齢者向けの環境に合わせる必要が出てくるかもしれない。

「絶対にあきらめない」日本の技術力・人間力が世界を変える。

 hayabusa_20120129003250.jpg

 「絶対にあきらめない」日本の技術力・人間力が世界を変える。
 映画「はやぶさ 遥かなる帰還」のキャッチコピーの一つである。
この映画、いよいよ2012年2月11日に全国ロードショーされる。

小惑星探査機「はやぶさ」の特徴と成果は、日本が得意とするコスト管理・省エネ技術の結晶と言われている。
1.世界初、月よりも遠い天体と地球の間を往復
2.太陽光をエネルギー源に高効率なイオンエンジンを利用
3.エンジンの不調や通信途絶などを克服し、7年間にわたり飛行
4.打ち上げを含む総コストは210億円で、国際宇宙ステーションで日本が負担する年間費用の約半額
5.回収したカプセル内の微粒子は小惑星由来のものと確認。小惑星からのサンプルリターンは世界初の快挙
6.「世界で初めて小惑星から物質を持ち帰った探査機」としてギネスに認定された。
(転載:はてなキーワード)

 惑星探査は、これまでは片道切符の旅であったが、この「はやぶさ」は往復旅行をする宇宙船である。その往復旅行の成功を導いたのは、まさしく日本の技術力であり、絶対にあきらめないという精神力である。

 文部科学省のホームページにも、「はやぶさ」に関する情報が提供されている。
「文部科学省は、宇宙で何の仕事をしているんですか?」 
「はやぶさ episode.ZERO」東映×文部科学省では、 俳優渡辺謙さんがかっこよく説明されているのが印象的である。
この映画「はやぶさ 遥かなる帰還」を見て、日本の技術力の高さを世界にアピール出来るといいなと思う。

今日は、人日(じんじつ)の節供(節句)

 7kay.jpg

 五節句の「節」というのは、唐時代の中国の暦法で定められた季節の変わり目のことです。暦の中で奇数の重なる日を取り出して(奇数(陽)が重なると陰になるとして、それを避けるための避邪〔ひじゃ〕の行事が行われたことから)、季節の旬の植物から生命力をもらい邪気を祓うという目的から始まりました。この中国の暦法と、日本の農耕を行う人々の風習が合わさり、定められた日に宮中で邪気を祓う宴会が催されるようになり「節句」といわれるようになったそうです。
 五節句には、3月3日、5月5日のように奇数の重なる日が選ばれていますが、1月だけは1日(元旦)を別格とし、7日の人日(じんじつ)を五節句の中に取り入れています。 
 「五節句」の制度は明治6年に廃止されましたが、今での年中行事の一環として定着しています。
(日本文化いろは事典より引用)

 さて今日は「人日の節句」いわゆる「七草(七草粥)の節句」ですが、お正月最後のこの日は、七草粥を食べて1年の豊作と無病息災を願うのですが、知らない人が増えているのではと思います。
 この人日の節供は、 古代中国で元旦から、鶏、狗、、羊、牛、馬の順に猛獣の占いをし、7日目に人の占いをした日で、一年の運勢を占う日でもあり、天候が晴れなら喜ばれたそうです。

 今年は、タツ年、さいたま市の「ヌウ」の年でもあります。昇り竜とはいかなくても、平穏無事である年であることを強く願っています。

「老後の三づくり」

 oldfriend.jpg

 「老後の三づくり」という言葉がある。楽しく豊かなシニア生活に欠かせないのが、「お金」「健康」そして「友達」である。
 家族の絆が希薄な今、支え合う友達を持つことは極めて大切である。
会社人間だった男性の中には、定年後の新しい友達つくりに苦労する人が多いと言う。

 50歳以上の男性では、仲の良い男性がいないと答えた3割で、女性は約16%で2倍の差がある。
男性の多くは、仕事と学校時代に偏っているが、女性は地域のつながり、ボランティア、趣味のサークルの割合が多く、幅広く友達づくりをしている様だ。

 友達をえる秘訣は、趣味のサークル、音楽サークル、ボランティア、スポーツジム、カルチャーセンター等など。好きなことを見つけ飛び込めば友は必ずできるとされる。

 さて、ある雑誌に大変良いことが書いてあった。
仕事の肩書きが消えた定年後こそ、自分らしい名刺を作るということを提案されている。
ふとしたことで、名刺を渡して友達になったことも多いそうだ。
 「元○○会社取締役」という野暮な肩書ではなく、自分の趣味や特技や生き方を肩書きにし、「悠々散歩人」「たそがれランナー」「お百姓見習い」「万年登山少女」「花撮りの翁」などもらった方もうれしくなる様な名刺が、シニア生活を豊かにする「友達つくり」と言えよう。

年をとっても記憶力は向上する!

 明けましておめでとうございます。
新しい年を迎え、新たな気持ちで正月をすごされている方も多いと思います。
 当然、皆さんが年齢を重ねる訳です。年をとれば記憶力が衰えると言われていますが、実は年齢に関係なく神経細胞も増えることがわかっているそうです。

 「脳は何歳になっても筋肉の様に鍛えられ、記憶力などの機能を向上させることができます。逆に脳は刺激を与えないとどんどん衰え、老化が進みます。何事にも好奇心を持ち、新しいことに挑戦する前向きな生き方こそが、脳をいつまでも若々しく保つ秘訣だそうです。また昔の楽しかった記憶をよみがえらせることは、脳にとって快感であり、脳の活性化につながります」(参考・転載:朝日新聞アスパラクラブ2010冬)

 ということで、たまには夫婦で昔のことを思い出し、語り合うことが大切な様です。手帳や日記、写真などを見ながら自分や家族に思いをはせる意味は大いにあるようです。

<記憶力を高める生活習慣> (医学博士・米山公啓氏)
1.炭水化物、ビタミンB、DHAをしっかりとる
2.よく噛み、よく歩く
3.睡眠をしっかりとり、ストレスをためない
4.人と会い、会話する
5.新しい体験をなるべくする
 

薬食同源で病気予防を!

 yakuzen.jpg
 
 薬膳とういと、特別な食材が必要と思っている人が多いですが、普段からなじみのあるいろんな食材をうまく組み合わせることで、手軽に薬膳が楽しめるそうです。

 病気は、予防することが大切とよく言われます。食事は毎日のことで旬な食べ物がからだにいいことは、昔からなんとなく良いとわかっていたようです。
 薬膳は、私たちの普段の食事に活かすことができたら素晴らしいと思っています。

 口から入るものからしか体は作られない、入るのものがよければ健康体になると言われるくらい単純なことなのですが、医(薬)食同源という様に、もともと区別されたものではなかった様です。

 「未病を治療する」といわれる東洋医学では、病気が重い状態になる前の、少し調子が悪いかなという時点で病気をくい止めることが大切であると考えられています。
 毎日の食事から健康を作り出すという考えがありますが、いろいろな植物や動物は食べ物としてだけではなく、自然の薬品として私たちの体の気(パワー)を増やして免疫力を増強し、体の血流を良くして新陳代謝を促進し、便通や尿により体内の毒物を外に出す働きがあるそうです。
 
  12月に入り寒くなったり、また一日の気温の変化が、私たちのからだに影響していますが、毎日の食事に気を使っていくことも、この冬を乗り切るワザかもしれません。

手話狂言の素晴らしさ

 syuwakyogen.jpg

 「手話狂言」を知っている人は少ないのではないだろか。私の趣味である狂言鑑賞のジャンルの一つに手話狂言がある。
 手話狂言は、社会福祉法人トット基金の日本ろう者劇団が企画し、毎年1月に演じて頂いている。 
手話狂言はどのように演じるのかわからない人も多いと思うが、実は下記の様に演じて頂いている。

 狂言のセリフの殆どは室町時代から江戸時代の頃までの古い口語ですが、この古い言葉を私たちが現在使っている手話で表現するのは非常に困難です。
 しかし、当劇団は和泉流狂言師・三宅右近先生の熱心なご指導により、ろう者として本格的な狂言を、昔から継承された狂言特有の動き、運び足をそのままに演じておりますが、手話の表し方も出来るだけ古い手話を使うように心掛けております。
 狂言の基本的な動きからセリフの手話の研究、また、狂言を観劇して身体の動きなどを学び,古典芸能にふさわしい手話狂言を創ることに努めました。三宅先生ご自身も、手話のセリフと声のタイミングや、間のとり方にもいろいろと工夫を重ねられ、古典芸能の強靭さも持つ手話狂言が誕生しました。
 セリフを手話で表情豊に表現し、その手話に声のセリフをアテレコすることによって、聞こえる人も聞こえない人もともに楽しむことができます。
(参考・転載:社会福祉法人トット基金・日本ろう者劇団ホームページ)

 なんと素晴らしい芸術だろうか。本当に感動する現代芸術ではなかろうか。
 

  第30回手話狂言・初春の会(国立能楽堂(東京都渋谷区))
  2011年1月22日(土)午後1時半開演
  2011年1月23日(日)午後1時半開演
  ◇文相撲(ふみすもう)
  ◇井杭(いぐい)
  ◇釣針(つりばり)
  お話し 黒柳徹子
  出演 井崎哲也・小泉文子・五十嵐由美子・廣川麻子・鈴まみ・砂田アトム・數見陽子・田家佳子・有澤智子・大山聡子
  声の出演 三宅狂言会
  演出・指導 三宅右近
  入場料(税込)全席指定 SS席5500円・S席5000円・A席3500円・B席3000円
  団体割引(5名以上)A席3000円・B席2500円

「幸福量保存の法則」について

 happy.png
 
 「幸福量保存の法則」は、世界全体の幸福量は一定で、誰かが幸せになれば他の誰かがその分不幸になるというものです
私も同様の考え方があると思っており、世界の幸福の絶対量は一定だという考え方です。

 これは自分自身、一個人の中での幸福も一定の量だと考えてよいと思います。
つまり、幸せになるためには不幸になる必要があるということです。
 その不幸っていうのは別に自分にとって悪いこととかではなくて、努力だとか苦労することだと考えた方が良いと思います。
 ある人は、何か決断に迷ったとき、より困難な方を選んだほうが後で何か良いことがあると考えると言っておられますが、私もそう思います。
 これは、先に不幸を重ねて、幸せを後で楽しむという発想です。

 しかし、人間は欲深いもので、自分だけは不幸がないと考えたいものです。しかし、幸せだけが続くこともなく、また不幸だけが続くこともありません。
 不幸が続くと自分にめげることになりがちですが、決してあきらめてはいけません。きっと幸せが後で多くまとめてくるでしょう。

さいたま市内に、4羽の白鳥が飛来!

 kobuhakutyou.jpg

 さいたま市岩槻区の元荒川・末田須賀堰(すえだすがせき)に4羽の白鳥が飛来。愛らしく、付近では珍しい光景を近所の人々が温かく見守っている。

 釣り人の話によると、白鳥たちは16日ごろ堰に飛来。昨年は上流の岩槻橋辺りに現れたが、数日羽を休めて、飛び立ってしまったという。

 4羽は、オレンジ色のくちばしの付け根に黒いこぶがあるのが特徴。県生態系保護協会によると「川島町や深谷市で越冬するコハクチョウとは異なるコブハクチョウで、公園などで飼育されていたものが野生化したのではないか」という。
 野生のコブハクチョウは北海道などに生息、霞ケ浦(茨城県)や手賀沼(千葉県)などに渡りをするのが確認されている。
(参考・転載:埼玉新聞・WEB埼玉/2010.11.24)

 日本で単独行動の大きな白鳥を見たとしたら、このコブハクチョウだそうだ。
コブハクチョウはヨーロッパからの移入種で、動物園などで飼育されていた個体が逃げ出し野生化したといわれている。
もともとは、飼い鳥だったので多くのコブハクチョウはよく人になついている。人の姿をみて近寄ってくる個体も多い。
 ヨーロッパでは美しい鳥の代表格として珍重されており、イギリスの女王エリザベス2世がカナダのオタワ市100周年記念にこの鳥を贈ったという話もある。
 北米では日本以上に生息数の増加が問題となっており、鳥愛好家からは嫌われているらしい。
(参考:眼遊サイトより)

 さいたま市内にもハクチョウが飛来することが定着すれば話題になる。また自然を多く残してハクチョウが多く飛来する環境を作っていくことも大切である。
 ハクチョウが飛来する場所を、さいたま市内で見つかったところを知っている人がいれば是非教えて欲しい

秋冬野菜の高騰で冬の食卓が変わる?

 yasai.png 
 農水省の全国スーパー470店舗の訪問調査では、ハクサイ、ニンジンなど主要8品目の小売価格は、平年比の28~92%の高値となっているという結果がでている。
 キャベツは92%高、ダイコンが64%高、ハクサイ47%高、レタス45%高、キュウリ43%高、ニンジン33%高、トマト28%高となっており、葉もの、根菜ともに高くなっている。

 今年は、春の低温に猛暑が続いて夏秋野菜が打撃を受けたが、10月中旬以降の一転した低温で秋冬野菜の生育も悪いためだという
 農水省は、出荷量が例年より少なく高値の状態が今後も続くとみている様だ。

 農水省によると、葉ものや根菜だけでなく土ものも高いのが今年の特徴だそうだ。
主産地の北海道が猛暑と秋の日照不足のため、バレイショ、タマネギとも不作になっている。

 総務省の家計調査をみると、2人以上の家庭の生鮮野菜の購入量は今年4月以降、平年以下が続いている。
一方で、値段の変化が少ないモヤシやキノコ類などの売れ行きは良好という。
(参考・転載:朝日新聞・2010.11.20夕刊記事)

 夏秋野菜の出荷が終わった後、秋冬野菜の生育と収穫作業が遅れていることが原因の様ですが、自然の恵みを受けての農業なので、高値はある意味では仕方がないが、季節にあった味やおいしさの詰まった野菜を頂くことのありがたさを改めて感じる次第である。 

 今年のなべは、「きのこづくし」中心で、野菜はなしという変ったなべを囲むことになるかもしれない

裁判員裁判で選ばれた裁判員の苦悩

 saiban.jpg
(画像は、裁判員裁判用法廷/法務省HPより)
 
 一般市民が、究極の刑罰である死刑の選択に直接かかわる時代になったことを実感させられた裁判であった。また裁判員裁判は、従来の裁判官だけで審理する場合と違った難しさも見えてきて、審判する立場の難しさが改めて浮き彫りになった。

 これは、男性2人を殺害した男に対し横浜地裁が死刑を言い渡した裁判である。昨年夏から始まった裁判員裁判における、初の死刑判決である。

 法廷で残虐な証拠写真や凶器などを見せられた場合、精神的ダメージを受けた一般裁判員は精神的にも大きな打撃を受け、継続的ケアが必要になるだろう。評議で死刑の適用を巡り苦悩した姿が浮かんでくる。
 また、検察の「もし死刑にできないのなら、今後死刑になる者はこの国にいるだろうか」と述べたのは、極刑を望む被害者遺族の感情を踏まえたものであるが、裁判員にとっては、この言葉が心理的重圧になりかねないことも指摘されている。
 ある刑事裁判官は「裁判員へのいわば脅迫であり不適切だ」と語っていると言う。

 いずれにせよ、これらの課題を再検証し、今後の裁判員裁判に生かす仕組みを考え、変化・進化する裁判員裁判を進めていかなければならないと思う。
(参考:転載:読売新聞社説・2010.11.17・「初の死刑判決 裁判員の熟慮と苦悩がにじむ」) 

来春の花粉症は、猛威となる。花粉経済予測は?

花粉

  今や国民病ともいえる花粉症
今夏の猛暑のあおりで、来春は大量のスギ花粉が飛散するとの予報があり、予防・症状緩和グッズを手掛ける企業は、早くも新製品発売などで「特需」に備え始めた。
 一方、花粉症患者は外出を控える傾向があり、消費は冷え込むとの見方もある。花粉の大量飛散は先行き不透明な日本経済にプラスに働くのか、それともマイナスの影響を与えるのか。 
(参考・転載:東京新聞・核心・2010.11.1記事)

  花粉症とは、Ⅰ型アレルギーに分類される疾患の一つ。植物の花粉が、鼻や目などの粘膜に接触することによって引き起こされ、発作性反復性のくしゃみ、鼻水、鼻詰まり、目のかゆみなどの一連の症状が特徴的な症候群のことである。

 現在、日本国民の15%以上が花粉症であると言われている。
また、花粉症に使われる医療費は、1994年推計では年間1200~1500億円とされた。1998年の調査では、有病率10%とした場合の年間医療費が2860億円労働損失が年間650億円と推定されている。

 尚、第一生命経済研究所の試算によれば、患者が花粉症対策に用いる費用(俗に花粉症特需といわれる)は639億円に上るが、シーズン中の外出などを控えるために、1~3月の個人消費が7549億円減少すると言う。

 経済損失が大きいこの花粉症ですが、早く花粉症予防ができる確実なワクチン開発や治療法が待ち遠しい。
来春の経済状況がどうなるかは、大いに気にかかるところである。
  

テレビ番組のネット同時配信は、視聴者の要望である!

nhk.jpg
(画像は、NHKテレビ映像)

 NHK番組のインターネット配信を本格化させる方向で検討を始めたという。テレビとの垣根なしに番組がネットでも見られるようになれば、テレビの設置を根拠に徴収する今の受信料制度が大きく変わることになる。

 NHK福地茂雄会長は、テレビ放送と同時にインターネット回線を使ってパソコンなどへ番組を配信する可能性について、「視聴者目線で考えれば必然と考える」と定例記者会見でコメントされている。
 福地会長は「テレビ以外で情報を入手する人がいる中、視聴者に合わせるのは我々の義務。視聴者もNHKがより利用しやすくなることを求めている」と視聴者の基本的な考え方側に立った説明をされた。
(参考・転載:毎日新聞・2010.11.5毎日jp)

 同時配信が実現すれば、現行の受信料制度も抜本的な見直しが必要になってくる携帯型ネット端末や高機能携帯電話などがどんどん普及している中、テレビ番組のネット配信は世界各国の公共放送が注目するところであるが、アジア太平洋放送連合(ABU)のテレビとネットの融合をテーマにしたシンポジウムでも関心が高かったそうだ。

 さて、NHK公共放送や民間テレビ放送会社もネット社会に対応した様々な対応を実施されているが、時代の流れ、視聴者のニーズに的確に応えていくことが重要になっている。

 放送業界は、ゆでガエル状態やガラパゴス状態にはなっていないが、時代に即した対応が出来ていないと、直ぐにそのような状況に陥ることになるかもしれない。
 様々な業界でも同様のことが言えるが、それでは地方自治体ではどうであろうか。
 市民ニーズを的確に応えていくスタンスをとっていかないと、今後の市民の信頼が得られなくなっていくのではないだろうか。

「フードファディズム」・食物の健康効果の過大信奉に要注意!

 food.jpg
(画像は、「フードファディズム―メディアに惑わされない食生活」/中央法規出版・高橋久仁子著)

  「フードファディズム」(food faddism)とは、食べものや栄養が健康と病気に与える影響を過大に信じること、科学が立証した事実に関係なく何らかの食べものや栄養が与える影響を過大評価することです。科学が立証したことよりもその影響を信じ固執していることです。

 このフードファディズムの対象となりやすいものは、健康に好影響をもたらしそうな食品、有害性が疑わしい食品をはじめとして、ダイエット食品、健康食品、ミネラルウォーターなど様々あります。

<日経新聞・2010.10.3/知っ得ワードより転載・流用>
 特定保健用食品(トクホ)等、ある特定の食品を食べると生活習慣病を予防でき、短期間でダイエットができると吹聴され、店頭からなくなってしまう程流行する現象が典型的な例です。
 また、テレビ番組で、ココアや納豆、バナナや寒天などの食材がこれまで大ブームになっています。

 フードファディズムによって、瑣末な食の健康情報に踊らされ、時には食生活を混乱させて経済的な被害をもたらすこともあります。
 自然・天然、植物性など体に良い、また恐怖心をあおる「不安便乗ビジネス」も出てきており、過大に信奉することに警鐘を鳴らすことも大切です。
(参考:群馬大学・高橋久仁子教授)

さいたま ご当地ラーメン「スタミナラーメン」

 sutamina.jpg

 娘娘(にゃんにゃん)と漫々亭(まんまんてい)は、知る人ぞ知る老舗の中華料理店です。現在さいたま市周辺には、両店合わせて11店舗有ります。

 現在ではチェーン店ではなく各々独立したお店ですが、元々は「矢島商事」という飲食会社が経営していたもので、同社は現さいたま市域を中心に中華のほか、日本そば、寿司店なども手掛けていました。
 同社が営業していた中華店は、旧大宮市に漫々亭、旧浦和市に娘娘、東京都(東十条)には小姑娘(しょうくうにゃん)などです。各店とも餃子、タンメン、焼きそばなどがメインのいわゆる普通の中華店でしたが、後にスタミナラーメンが売り出さられると、安くて美味いラーメンとして、学生やサラリーマンから絶大な支持を受け、特に「浦和の娘娘」は各種メディアにも取り上げられて、人気を博しました

 また、同社は、餃子や麺などを自社工場で一括生産して各店舗に配送するなど、当時としては先駆的な経営を行っていたようです。
 その後、オーナーの意向により、平成2年(1990年)に矢島商事は解散しましたが、従業員に暖簾分けを許していたため、漫々亭、娘娘、小姑娘などの屋号は、会社解散後の今も受け継がれています。
(参考・転載: 社団法人さいたま観光コンベンションビューローより)

 まだ、私は「漫々亭指扇店」をはじめ3店舗しか制覇していませんが、ご当地ラーメンとしてもっと有名になる様に、(社)さいたま観光コンベンションビューローのPRの活躍に期待したいものです。

  スタミナラーメン(動画説明版)
これは、なかなか素晴らしい動画と説明です。是非訪れたい中華料理店です。
皆様も、是非スタミナラーメンをご賞味下さい。尚、お店検索は上記スタミナラーメンをクリックして下さい。

 | HOME |  »

 プロフィール

■稲川 晴彦

Author:■稲川 晴彦
◆いながわ(稲川)晴彦
◆さいたま市議会議員(2期)
◆市民生活委員会 委員長
◆議会改革委員会 副委員長
◆決算・行政評価委員会理事
◆会派:自民党さいたま市議団
◆さいたま市/西区宝来在住
◇関西学院大学/法学部卒業
◇体育会フィールドホッケー部主将
◇富士通入社/福岡/高松/本社
◇一貫してソリューション営業担当
◇営業部長・主席部長歴任
◇妻/長男(大学院生)/3人家族
◇趣味:狂言鑑賞/ゴルフ
(2012.1.1現在)


 「理」(ことわり)の意味

「理」(ことわり)とは、①物事の筋道、②整えること・おさめること・とりさばくこと、③普遍的な絶対・平等の真理 という意味です。(広辞苑より)

 最新の記事タイトル


 皆様からの最新コメント


 最新のトラックバック


 投稿者への皆様へ

・他人を誹謗中傷するコメントはFC2にて自動的に削除され、直接連絡される場合があります。

 天気予報


-天気予報コム- -FC2-

 皆様のアクセスカウンタ


 ◆ユニークな政策提案募集

・皆様から政令市の政策アイデアを募集します。 私稲川とアイデアを共有できる方お待ちしています。 (政策提案は下記メール欄にて)

 カテゴリ別政策

【私の視点】①市民 (36)
【私の視点】②議会 (58)
【私の視点】③市政 (118)
【議会・委員会発言】 (33)
【まちづくりの種】 (79)
【さいたま市の情報】 (79)
【埼玉県の情報】 (43)
【県政・国政に一言】 (178)
【事例・記事の紹介】 (153)
【まちかどの声】 (63)
【みちくさ・散歩】 (14)

 全記事のタイトル一覧表示

全ての記事を表示する


 月別アーカイブ一覧

2012年 05月 【12件】
2012年 04月 【17件】
2012年 03月 【17件】
2012年 02月 【28件】
2012年 01月 【30件】
2011年 12月 【1件】
2011年 03月 【1件】
2011年 02月 【9件】
2011年 01月 【28件】
2010年 12月 【31件】
2010年 11月 【30件】
2010年 10月 【31件】
2010年 09月 【30件】
2010年 08月 【31件】
2010年 07月 【31件】
2010年 06月 【30件】
2010年 05月 【31件】
2010年 04月 【30件】
2010年 03月 【31件】
2010年 02月 【28件】
2010年 01月 【31件】
2009年 12月 【31件】
2009年 11月 【30件】
2009年 10月 【31件】
2009年 09月 【30件】
2009年 08月 【31件】
2009年 07月 【31件】
2009年 06月 【30件】
2009年 05月 【21件】
2009年 04月 【30件】
2009年 03月 【31件】
2009年 02月 【28件】
2009年 01月 【22件】


 サイト内検索


 リンク


 ブログ村・ブログ百選


 拍手について(お願い)

・掲載記事の下段に、拍手ボタンがあります。記事に納得または賛同頂けたら、クリックをお願いします。(尚、FC2はクリックした個人情報を取得しておりません)

 ◆ご意見・ご要望メール

名前:
メール:
件名:
本文:


 ◆区民の生声 受付窓口

・身近な県/市政のムダやおかしなルールの見直しなどについてのご意見・ご提案を広く募集します。(ご連絡は上記メール欄にて)

 ◆政策立案PT 議員募集

・政策立案を共同で研究する政令市の議員を募集します。(ご連絡は上記メール欄にて)

 ◆学生ボランティア募集

・政策調査・政策立案のインターンを募集しています。(ご連絡は上記メール欄にて)

 ◆ご紹介のお願い

・さいたま市西区にお住まいの方のご紹介をお願いしています。(ご連絡は上記メール欄に①住所、②氏名、③電話番号/e-MAIL等の記入をお願い致します)

 QRコード(携帯)

QRコード

 FC2ランキング

FC2 Blog Ranking


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。